1. 川崎市防災ポータルサイト
  2. 備える。かわさき
  3. 地震編:06 あなたが帰宅困難者になったら

備える。かわさき 地震06あなたが帰宅困難者になったら

災害発生時は「むやみに移動を開始せず、安全な場所で身の安全を確保する」ことを徹底しましょう。

災害時に帰宅を考える、その前に

  • 安全な場所に留まることを第一に考えましょう。
  • 大災害発生後すぐに帰宅することは、二次災害に遭う可能性があるだけでなく、徒歩帰宅者による道路の混雑を招くなど、救助活動に支障をきたす可能性があります。
  • やみくもに行動し危険に巻き込まれないよう、正しい情報の入手に努めましょう。
  • 会社や学校などの指示に従い、安全が確認できてから、帰宅を開始しましょう。

帰宅困難になっても慌てない準備を

  • あらかじめ災害時の家族との連絡方法(安否確認の方法)を決めておきましょう。
  • まずは家族で話し合い、家族それぞれの帰宅方法を確認しておく。
  • 災害用伝言サービス171など 、災害時の連絡方法を学んでおく。
  • あらかじめ災害時の家族との連絡方法(安否確認の方法)を決めておきましょう。
  • 帰宅困難になったときを想定して、様々な交通手段による帰宅ルートを確認しておく。
  • 学校や職場に徒歩で帰宅する場合を考えた準備をしておく。
    :水、食料、携帯電話の充電用電池、動きやすい靴、懐中電灯、ウェットティッシュなど

帰宅困難者用一時滞在施設

  • 帰宅困難者が一時的に滞在できる施設を、市内主要駅周辺に整備しています。
  • 災害による施設自体の安全点検や周辺の安全確認を行い、状況に応じて開設されます。

帰宅困難者一時滞在施設ガイドマップかわさき「防災マップ」

備える。かわさき 一覧へ戻る