1. 川崎市防災ポータルサイト
  2. 備える。かわさき
  3. 避難所編:02 災害時に安定した安定した生活を送る

備える。かわさき 避難所02災害時に安定した安定した生活を送る

最低3日間、できれば7日間分の備蓄を

  • 大きな災害が起きると、ライフラインは停止し物流も途絶えるなど、私達の生活は大変不便になることが予想されます。
  • このような事態になったとき、市外から救援物資が届くまでの約3日間(物資が十分に行き届くまでの 7 日間)は、各家庭がそれぞれの備蓄により、生活することが必要です。
  • 家庭備蓄が充実している家庭が増えると、結果的に他の避難者や避難所への負担が減るため、家庭備蓄は地域貢献に繋がります。

災害時に必要となる備蓄品(二次持出品)

飲料水・生活用水

  • 人間が生きていくためには、1 人1日3リットルの飲料水が必要です。家族全員分の飲料水を備蓄しておきましょう。
  • 生活用水は、災害時の様々な場面で必要になります。水を入れたポリタンクを用意しておくか、お風呂の水を溜めておくなど、飲料水とは別に用意しておきましょう。

食料

  • お米や乾麺、缶詰など、日持ちのするものが適しています。
  • 備蓄食料は、普段の生活の中で十分に買い置きし、賞味期限切れ前に消費しながら定期的に買い足すことで、無理なく備蓄できます。(=ローリングストック)。

その他生活用品

  • 水や食料以外にも、下記を参考に各家庭で必要なものを用意しておきましょう。
調理器具 カセットコンロ(ボンベも)、簡易食器(紙皿・スプーンなど)、アルミホイル、食品用ラップなど
生活用品 簡易トイレ・汚物処理袋、トイレットペーパー、新聞紙・ビニール袋、寝袋、衣類、ドライシャンプー
その他 車のガソリンを満タンにしておく
※ 不要不急な給油を避けることや、緊急車両への優先給油への協力にもなる。

上記は二次持出品とも呼ばれ、避難した場所から取りに帰ることを想定し、持ち出しやすい場所に保管しておくことで、様々な状況で活用することができます。

栄養バランスを考えた家庭備蓄を

買い置きしたい食品の例

  • 災害時に、普段と変わらず食べ慣れたものを食べることや、栄養バランスを考えた食事をとることは、ストレスを和らげ、心身を健康に保つことにも役立ちます。
  • 下記を参考に買い置き食材を見直してみましょう。
主食

ごはん・パン・麺類(エネルギー源)

例)無洗米、レトルトのおかゆ、パン、乾麺(カップ麺)、シリアルなど
副食

肉・魚・卵・大豆製品(たんぱく質源)

例)ツナ缶、大豆水煮、レトルトのカレー・シチュー、ミートソース缶など
主菜

野菜・きのこ・いも・海藻類(ビタミン・ミネラル源)

例)乾燥野菜(ほうれん草など)、切り干し大根、乾燥わかめ、日持ちする野菜、ひじき缶、コーン缶、トマト缶、レトルトスープ、即席汁物など
飲料 水、お茶、スキムミルク、野菜ジュース、100%果汁、ロングライフ牛乳など
調味料 塩、味噌、味噌、醬油、マヨネーズ、ドレッシング、ケチャップ、めんつゆなど
その他 ビタミン剤、お菓子、はちみつ、梅干、ドライフルーツ、ビスケット、フルーツ缶など

災害時の献立の例

朝食
  • パンとジャム
  • ツナ缶と大豆水煮缶のサラダ
  • レトルトスープ
昼食
  • ごはん
  • いわしの蒲焼缶
  • アスパラ缶とコーン缶のサラダ
夕食
  • ごはん
  • レトルトカレー
  • 野菜ジュース
水が足りないときの歯磨き

災害時でも、口の中を清潔に保つことは、誤嚥性(ごえんせい)肺炎を防ぐなど、健康上大切なことです。下記の方法を参考に、水が少ないときでも歯磨きができるようにしましょう。

  • 水30mL(液体歯磨きの場合は10mL)を準備し、その水でハブラシを濡らし、歯磨きを開始する。
  • ハブラシが徐々に汚れてくるので、ティッシュペーパー等でハブラシの汚れをできるだけ拭き取りながら、小まめに歯磨きを繰り返す。
  • 最後にコップの水で口をすすぐ(2~3 回に分けたほうが効果的)。
  • ※ 液体歯磨きの場合、②と③は必要ありません。
備える。かわさき 一覧へ戻る